【 2020年 最新版ランキング 】マレーシアの治安って良いの?観光時の治安情報と対策。

✔︎  記事の内容
・マレーシアの治安レベル
・主な犯罪
・特に危険な場所
・マレーシアでの安全対策

 

 

世界治安ランキングでは31位

 

治安を守る警察

2019年現在マレーシアの治安の世界ランキングは世界31位。
決して悪くはないものの、なかなか安心できない結果です。

参考サイト 『海外治安ランキング』
https://dlift.jp/countrypeace/countryPeaceDisplay

少し前まで同サイトでは16位に構えていたことからも分かる様に、現在マレーシアの治安ランキングは、徐々に下降を辿っています。

 

主な犯罪

 

マレーシアの治安は比較的安全と言われていますが、その主な理由が『発生している事件・事故が主に軽犯罪』であるためです。

スリ・置き引き・強盗などの 軽犯罪が多数の犯罪率を占める傾向にあります。

もちろん、宗教の絡んだテロ事件や誘拐事件など大きな犯罪も発生しているので、注意は必要です。

 

特に危険な場所は?

 

大きく分けて以下の4箇所が注意すべき場所です。

 

① サバ州東海岸

② 大型ショッピングモール内

③ チャイナタウン/チョーキット周辺

④ タクシー
 
まずは上記4箇所から説明していきます。
 

 サバ州東海岸

ボルネオ島に位置するサバ州の東海岸は
海賊による誘拐事件が多発しており、外務省の発表する海外安全ホームページでも、渡航中止勧告となるレベル3に設定されています。

海外安全ホームページ: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_017.html#ad-image-0

大型ショッピングモール内

 

大型ショッピングモール

意外と油断しやすいのが、大型のショッピングモール内。
クアラルンプールに数多くあるモール、ショッピングに夢中になっている観光客を狙ったスリが多発しています。

携帯電話やお財布は絶対にポケットに入れないこと。
これは鉄則です。

 

チャイナタウン・チョーキット周辺

お土産の定番スポット、セントラルマーケット周辺のチャイナタウン・チョーキット。
この地区では、 観光客を狙ったスリや強盗が多く発生しています。

立ち並ぶ屋台の品物が安いことで有名ですが、その屋主の多くがネパールや中東の国から出稼ぎに来ている人です。
時に彼らは、お金のためには手段を選ばない行動をとることがあるので、警戒が必要です。

特にお店が閉まり始める夜の時間帯は、なるべく出歩くことは避けましょう。

 

タクシー

 

タクシー

マレーシアのタクシーでは、観光客と分かると乗車した際に不当な請求を受ける可能性があります。
日本円に換算すればそこまでの値段ではないものの、気持ちの良いものではありません。

マレーシア内で移動をする際は、お手持ちのスマホにGrabをダウンロードして使用しましょう。

Grabのダウンロードはこちら(スマホのみ)

Grabのアプリ

App Store

‎Grab is Southeast Asia’s leading superapp. We offer essenti…

[ Grab App ]

 

 

これだけは絶対!安全対策!

 

マレーシアの安全対策は以下4点を押さえましょう!

 

① パスポートのコピーを持ち歩く。

② 携帯/財布/カメラは絶対にポケットNG。

③ 日本大使館のメルマガに登録する。

④ 海外保険に加入する。
 
以上4点について説明していきます。

① パスポートのコピーを持ち歩く

万が一事件や事故に巻き込まれてしまった場合、現地のIDを取得していない限り、あなたの身元を証明するものはパスポート以外にありません。
パスポート本体は勿論、念の為コピーも常に持ち歩く様にしましょう。

 

② ポケットには何も入れない、カメラはカバンに

 

一眼レフカメラ

 

これは鉄則です。
ついつい携帯やお財布など、ポケットにしまいがちですが、マレーシアでこれはご法度。

特に、 軽量なため奪って逃走しやすいカメラは、強盗の格好の標的です。
撮影時はしっかり紐を手に巻きつけ、使用時以外はバッグにしまうようにしましょう。

 

③ 海外保険に加入する

これはどの国に行く際も大切ですが、海外保険にしっかり加入しましょう。
万が一怪我などで入院した際、 海外保険があるのとないのとでは大きな違いです。

海外保険への加入が付帯しているカードを発行するなど、意外と簡単なので、探してみてください。

 

④ 日本大使館のメルマガに登録する

 

よーすけ
これは僕がマレーシアに留学していた際も、実際に登録していました。

このメルマガに登録しておくとマレーシア内で事件・デモがあった際の警告や、選挙時の外出を控える連絡を受け取ることができます

在マレーシア日本大使館 メルマガページ
https://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/ryoji/email_info.html



在マレーシア日本国大使館のメール

 

まとめ

 

① パスポートのコピーを持ち歩く。

② 携帯/財布/カメラは絶対にポケットNG。

③ 日本大使館のメルマガに登録する。

④ 海外保険に加入する。

近年観光や移住で話題のマレーシア、せっかくの滞在で何かあっては台無しです。

よーすけ
しっかりと安全対策をした上で、安全に、そして存分にマレーシアを楽しんでください!
スポンサーリンク
>当サイトは「NPO法人CFF」を応援します。

当サイトは「NPO法人CFF」を応援します。

最近、マレーシアの豪華な面がテレビで取り上げられがちですが
急速な発展の裏で、取り残されている人達がいる事を
忘れないでください。
NPO法人CFFでは、「子供の支援」と「青少年育成」を皆さんと共に
行なっていきます。
皆さんの少しの力を、彼らへの愛に注ぎませんか。

CTR IMG